news

2016年6月24日

NMT inc. インタビュー特集 第22回 里見かおり

里見かおりインタビュー
所属モデルをより深く知って頂くことを目的としたインタビュー特集。
第二十二回目は、里見かおり(さとみかおり)のインタビューをお届け致します。

 

「辿り着いたこの場所で」 里見かおり

サン=テグジュペリの名作『星の王子様』に、有名な一文がある。
「本当に大切なことは、目には見えない。心で感じるものだ」
『星の王子様』を事あるごとに読み返すというファッションモデル、里見かおり。
「振り返れば、色々な事がありました」
里見が感じ取った、大切な出来事の数々。
それを一つひとつ、ゆっくりと里見は話してくれた。

里見が小学生の頃。
当時は綺麗である事に無頓着だった。
ある日、友人がコテを使って髪を巻いてくれた。
鏡を見た里見は、「こんなに変わるんだ」と驚いた。
里見にとって、美意識に目覚めた瞬間だ。
メガネからコンタクトに変えたのも、それがきっかけとなった。

時が経ち、19歳の頃。
某結婚式場が主催するコンテストに出場した。
私も出てみようかなという軽い気持ちだった。
その日の為に買った赤い口紅。
一塗りすると、かつて髪を巻いた時のように里見は輝きを増した。
美しさを味方につけ、見事グランプリを獲得。
それを機に、モデルのキャリアを築いていく事になる。

大切な出逢いを重ね、着実に歩んできた里見。
だが、長いキャリアの中で焦りや迷いからモデルを辞めようと思った事もある。
それを乗り越え、やっと辿り着いたのがNMT inc.だった。
「事務所の面接をした時は、少し自信をなくしていたかもしれません」
しかし、スタッフから叱咤激励され、里見は「旅」を続ける決心をした。
「もう一度、真剣に取り組んでみようって思ったんです」

所属後、体作りの為にトレーニングを繰り返す日々。
徐々に理想の自分に近づいていった。
「そうしたら、不思議と欲が出てきたんです」
自らを高め、進もうとする欲求。
もっとトレーニングを重ねよう。
そうすれば、もっと理想に近づけるはず。
里見はそんな風に思うようになった。

やればやる程、足りない部分が明確になる。
里見は、それらを確実に克服して行った。
照れくさそうに、里見はこうも言った。
「最近、息子に『綺麗になったね』って言われたのが凄く嬉しかった」

次第にモデルに対しての意識も変化していった。
「美しさを追求する事は本当に大変だと、改めて感じています」
日々のトレーニングは勿論、ライフスタイル全般を大切にする事が自己を向上させると気付いた。
休日になると、里見が生まれ育った南房総へドライブするという。
夜、海沿いを走り、お気に入りの場所を目指す里見。
「そこには星空以外、何もないんです」
満天の星空の下、里見は目をつむり、ゆっくりと風を感じる。

サン=テグジュペリは、『城砦(じょうさい)』の中でこんな事を言っている。
「未来とは、あなたが予知しようとするものではなく、自分で可能にするものだ」
これからも「旅」を続ける里見には、どんな未来が待っているのだろう。
「星の王子様の意味、今でもよく考えるんです」
里見はいつか、答えに辿り着くだろう。
その時が来たら、また話を聞かせて欲しい。
星の王子様が、大切な星について教えてくれたように。

☆里見かおり プロフィール☆

(執筆)加藤陽太郎 クリエイティブディレクター。1984年生まれ。早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了後、日本郵便株式会社本社勤務を経て独立。
メディア関連企業の戦略策定や企画のプロデュースをはじめ、執筆や写真撮影によるコンテンツ制作を手がけている。

ebara-interviewnmt-nagase-interviewnakada yuki interviewモデルインタビュー 会津くみこモデルインタビュー 吉田友利恵モデルインタビュー 片桐ゆたか依吹怜インタビューモデルインタビュー 鹿嶋ゆかり仲嶺梨子インタビューインタビュー長谷川沙遊鶴岡ひなたインタビューインタビュー天田優奈インタビュー芦田桂子インタビュー西村みえこインタビュー三枝こころインタビュー飯田かずなインタビューyOUインタビュー黒澤かなえインタビュー夏目愛美日下部インタビューインタビュー中田奈沙藤阪れいなインタビュー