news

2016年6月3日

三枝こころ 宝島社「InRed」(7月号)掲載情報

スクリーンショット 2016-06-03 16.12.55-2
三枝こころが、宝島社「InRed」(7月号)に掲載中です。
特集は、「大人の肌見せはいいことだらけ!」です。
三枝は、花王「ソフィーナ」のタイアップに登場します。
乾燥しがちだから化粧水や美容液は保湿タイプじゃなきゃという人、実は潤いを保つには洗顔から見直す事が重要なんです。


西村みえこ 東武VARIE「VARIE Summer Resort」スチール出演情報

mieko-nishimura0530

西村みえこが、東武VARIE「VARIE Summer Resort」の広告に出演中です。
東武VARIEでは、6/10(金)から20(木)期間中のお買上レシート合計10,000円(税込)ごとに、一枚500円相当のお買物券をプレゼント。
また、メルマガ会員の方で、お買物券にお引換え頂いた先着100名には、更にもう一枚お買物券がプレゼントされます。


2016年5月30日

三枝こころ 光文社「CLASSY.」(8月号)掲載情報

kokoro-saegusa0530
三枝こころが、光文社「CLASSY.」(8月号)に掲載中です。
特集は、「痩せなくてもすっきり見える夏」です。
三枝は、「香りを重ねて恋も仕事も思いのまま 願いを叶えるフレグランスレシピ」に登場します。
「出会いがあった」「彼氏ができた」「結婚できた」「仕事でステップアップした」等、香りをまとうだけで、そんな嬉しい出来事が起こると評判なのが、
ビューティープロデューサー・牧野和世さんの提唱する「香りのレイヤード術」。
恋や仕事の願い別のレシピを実行すれば、人生うまくいきますよ。


2016年5月26日

西村みえこ リクルート「ホットペッパービューティー」(6月号)掲載情報

スクリーンショット 2016-05-26 18.38.41-2

スクリーンショット 2016-05-26 18.39.40-2
西村みえこが、リクルート「ホットペッパービューティー」(6月号)に掲載中です。
西村は巻頭特集の、「夏の運気をアップする!HAPPY引き寄せメイク」に登場します。
とうとう2016年も下半期がスタート。
上半期以上に充実した日々を送るために、様々な運気をアップさせるメイクを大特集。
明日から実践して、運気も注目も集めましょう。


三枝こころ 西村みえこ リクルート「ゼクシィ」(7月号)掲載情報

スクリーンショット 2016-05-23 12.30.10-2
三枝こころ西村みえこが、リクルート「ゼクシィ」(7月号)に掲載中です。
特集は、「ありがとう23周年 新装刊スペシャル 超お役立ち特大号!」です。
三枝・西村は、別冊付録の「ドレスコーディネートBOOK」「和装スタイルBOOK」に登場します。
花嫁の和装には、特別な形、柄、贅沢な細工等、それぞれに花嫁の幸せへの願いが込められています。
ヘアメイクや小物使いを存分に楽しんで、今旬の素敵な着物花嫁になって下さい。


2016年5月20日

三枝こころ 小学館「美的」(7月号)掲載情報

スクリーンショット 2016-05-20 17.59.27-2
三枝こころが、小学館「美的」(7月号)に掲載中です。
特集は、「美容だってミニマムでいこう!ムダな努力はしない主義!」です。
三枝は、花王「ビオレ」のタイアップに登場します。
夏に急増する肌悩み「ベタつき」と「毛穴の目立ち」は、ともに過剰に分泌される皮脂が原因のひとつ。
洗顔料やクレンジング剤を使ってきちんと落とすべきですが、大人の肌には潤いも大事。
そこでおすすめなのが、「ビオレ」の落とすアイテム。
肌の潤いを守りながら汚れを落とせる技術が採用され、素肌に自信が持てる洗い上がりに。
自身の肌で早速試してみて下さい。


三枝こころ 光文社「CLASSY. Wedding」(16年春夏号)掲載情報

スクリーンショット 2016-05-20 18.01.34-2
三枝こころが、光文社「CLASSY. Wedding」(16年春夏号)掲載中です。
特集は、「私たちが望むの記憶に残るウェディング」です。
三枝は、「エンゲージ&マリッジの王道セットと個性セット」に登場します。
これから先ずっと大切にしていくものだから、どんなデザインのリングを揃えるかは最大の悩み。
人気のある王道セットにするか、それとも人と違った個性を出すか。
注目ブランドのエンゲージ&マリッジを集めました。


依吹怜 ニューバランス「NB WOMEN」カタログ掲載情報

スクリーンショット 2016-05-20 9.56.40-2 スクリーンショット 2016-05-20 10.03.04-2
依吹怜が、ニューバランス「NB WOMEN」の表紙に掲載中です。
身体を動かして見つける感覚は、いつも未来を裏切らない。
だからこそ、それぞれの視線で世界を切り取っていく楽しみがある。
自分に最適なスポーツとの向き合い方を、バランスを、探していく喜びもある。
一本の道を選ぶことは、もう一本の道を切り捨てることとイコールではないはず。
無数に重なっていく選択は、有機的に絡み合い、いつだって新たな道を指し示す。
少しずつ見えてきた、受け身でも強制でもない、新たなスポーツとの関係。
それはきっと、今日から明日へ、自分から自分へ、確かにつながっていく。